9月2日の茨城遠征に続き翌3日は長躯福島県の北端浄土平に遠征してきました。
当初栃木県に遠征の予定が天候が悪化し、雲のかからない処を求め北上しました。

 現地は標高1600mm気温6℃の肌寒い状態でやや風が吹いていたものの、終始快晴に恵まれました。
 一人単独の寂しい遠征でしたが、月没の後の1時間の短い時間でしたが素晴らしい満天の星空も見れて終始好天で撮影出来、成果も上がり嬉しい一晩でした。翌朝の吾妻山の活火山の風景が素晴らしかったです。

 対象はケフェウス座のIC1396のいわゆる像の鼻vdB142付近です。先日街中でMewlon-250で撮影したものの今一つ色が出なかったので再撮影です。

まずはRGB中心で若干AOOをブレンドしたものです。ほとんどRGB画像です。
9e92f168.jpg


ナロー・ブロードハイブリッド合成を色々やってみましたが気に入ったのはSAO合成中心でRGBを輝星の調整に使ってみたものです。。
8ee81946.jpg




機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    S:SⅡ 5nm 5min(2×2ピニング) 11枚
    A: Hα 5nm 10min 11
    O:OⅢ 5nm 5min (2×2ピニング)16
    RGB:各5min (2×2ピニング)各5枚
    
                        露出時間計5時間20分
 
 二晩連続朝までがっつり撮影は疲れましたが堪能しました。