昨夜はスーパームーンの翌日で月明かりの煌々とした中、栃木市に遠征してきました。
 12日夜に街中で撮影したIC405からIC417にかけての作品で露出不足でしたので、追加撮影をする目的です。
天候が安定してかつ風の弱い目的地をと考え栃木市にしました。
 現地は自分一人でした。天候は終始快晴でかつ風も一時的にやや強く吹いたものの途中から微風となり、良い天候に恵まれました。次期の新月期にもこうあってほしいですね。
 ただスーパームーンの月明かりは強力であたりは昼間のようで、ライトなしで作業ができます。撮影画像のバックグラウンドのカウント値も12日夜の春日部の値を上回るほどでした。そんな厳しい状況ではナローバンドといえどもいい結果は期待していませんでししたが、枚数が増えたことによって作品のクオリティは向上しました。

ぎょしゃ座 勾玉星雲付近 IC405・410からIC417にかけて
3983f59f.jpg



機材データ
道儀Vixen AXD 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド オフアキにて
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃ないし-30℃冷却 
    Maxim DLで撮影 
フイルター  Astrodon 
       S:SⅡ 5nm  10min 7+10
       A: Hα 5nm 10min 9+9枚 
       O:OⅢ 5nm 10min 6+10枚
                       計8時間30分露出

もっと条件の良い日に撮ってみれば周辺の淡い散光星雲がもっと描出出来ると思います。