昨日は月齢18で21時台から月の出があったのですが、梅雨に入る時期で今後天候がしばらく悪く、次の撮影が当分困難の様子につき、昨夜天候が良さそうな花立自然公園に撮影に出かけました。
 しかし、結局午前2時過ぎまで撮影は出来たものの、終始雲がかかっては消えの連続で撮影条件はかなり悪かったです。
 当初、先日街中で撮った北アメリカとペリカンのRGBを街中ではなく遠征地で撮り直す目的で、北アメリカとペリカンのRGBを月が出るまでの間撮影し、次に網状星雲をHαで撮影してみました。
北アメリカとペリカンは月の出るまでの撮影でしたが、高度が低くまた雲の影響であまり良く撮れませんでした。
網状星雲も月が出てからナローバンドのHαで撮影したのですが、たびたび雲がかかったので、Hαの15分12枚の露出時間3時間の3分の1はボツとなりました。

網状星雲NGC6992から6995、NGC6960 白鳥座 距離1600光年
2万年前の超新星の爆発の残骸が広がって出来たものです。
01b45d20.jpg



赤道儀ケンコーEQ6PRO 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36 フイルター baader planetarium Hα7nm
    15分12枚露出180分の中120分の画像を処理

機会を見てRGBの撮影をしてカラー化してみたいです。

ペリカンと北アメリカはこれから画像処理してみます。
なおこの夜現地でびんたんさんと龍之介さんとご一緒しました。
色々撮影のノウハウを教えて戴きました。
びんたんさん、龍之介さんお世話になりました。有難うございました。
網状星雲のHα画像処理しなおしました。
1605851d.jpg


残念ながらこの夜とったペリカン、北アメリカのRGBは没でした。雲がかかって、かぶってしまい画像になりませんでした。次回撮り直しです。