天体写真Diary

天体写真の趣味に没頭している毎日です。

2019年02月

 昨夜は星友のひろたろうさん、ぴんたんさんと妙義山に遠征してきました。
天候は当初良く晴れていたものの、午前0時過ぎより徐々に曇りだしてきました。当初運良く自分の撮影対象付近は晴れてましたが、午前1時過ぎからは雲の中に突入、その後一時晴れるも再度曇りだしてHαは1時間にとどまりました。
 M101辺りは晴れているのに自分の対象のM82辺りは曇って撮れない残念な状況でした。
 天候は今一でしたがシーイングは好調で深夜の曇りだしてからも良好でした。ここ最近ではベストなシーイングでした。
 Hαは月が太い16日栃木市と街中ですが23日も撮っていたので計10時間オーバーで淡いところも何とか出てきたので画像処理してみました。

M82
488fe1fa.jpg


Ver2
0889c266.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 12枚 10sec20枚
    RGB 5min 各6枚 (2×2ビニング)
    Hα 5nm 10min 69枚  

           計15時間3分20秒露出
 
 Hαだけで10時間オーバーですがいかんせん状況不良化ですので今一です。Hαのジェットの描出には反省点も残ります。
 銀河の構造は昨夜の好シーイングのおかげでまずまず表現出来たと思います。
画像処理はまだまだ未完成で問題点も多いです。また時間かけてやり直しです。


 1月29日のNGC2359の沈んだ後に撮影したM81ですが途中でしたので2月11日に追加撮影しました。
 2月11日はぴんたんさんとご一緒に都留に遠征しました。天候は終始快晴で無風でした。
 シーイングは当初好シーイングだったので高度が上がって更に良くなると信じ、まず主にRGBを撮影していました。対象の高度が上がって本格的にLを撮影しだしてからシーイングが悪化してしまい、結果的に残念な夜でした。1月29日の分と最初に好シーイングで撮ったLを構造に使用して何とか画像処理してみました。

M81
Ver4
03355bd9.jpg




機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 24枚 10sec20枚
    RGB 5min R10枚G10枚B8枚 5sec各10枚 (2×2ビニング)
    Hα 5nm 5min 18枚  (2×2ビニング)

           計9時間25分50秒露出

やはりシーイング不良で決まりません。

 前後しますが2月1日は星友のひろたろうさんと栃木市に遠征してきました。
天候は快晴でほぼ無風でしたが残念ながらシーイングが全く不良で、単独では作品化が難しく昨年の画像とブレンドして仕上げました。

Sh2-274 
AOO合成+RGB
Ver2
9cb60f0b.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    
    Hα5nm:10min 12枚
    OⅢ5nm:10min 12枚  (2×2ビニング)
    RGB 5min R8枚GB各6枚 (2×2ビニング)

2018年2月4・5・6・7日
    鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3

    Hα5nm:10min 64枚
    OⅢ5nm:10min 58枚  (2×2ビニング)
    RGB 5min RGB各6枚 (2×2ビニング)

           計21時間40分露出

昨年の半分は街中のせいもあり、21時間をもってしても右半分の淡いところは難しいです。
今年の悪条件でもあり、昨年のクオリティを超えることはなりませんでした。

 2月6日はぴんたんさん、マルさんとご一緒して花立に行ってきました。
霧の発生でしばらくは湿気が非常に多い状態だったのと、夜半付近以外シーイングが今一で画像処理苦戦しました。

NGC2903
Ver3
a0c78f34.jpg






機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 23枚
    RGB 5min R8枚GB各6枚 (2×2ビニング)
    Hα 5nm 5min 12枚  (2×2ビニング)

           計6時間30分露出

途中の良シーイングの画像を中心部に使用しています。もう少し良いシーイングを期待したいですが難しいですね。

 2月発売の3月号でダブル入選しました。久々のダブル入選はかなりうれしいです。

天文ガイド3月号入選IC443
55982c94.jpg

星雲の構造をいかに出すかが課題でしたが結果を出せて良かったです。



星ナビ3月号入選 M42
aa54d7a4.jpg


オリオンの中心部の構造を出しつつ美しさを追及したつもりでしたがやはりまだ不十分で完成度今一つみたいです。



入選を励みに更に頑張りたいところですが天候が良くないです。

 1月29日は星友のひろたろうさんと近場の栃木市遠征してきました。
現地にはSさんがいらしていました。
 天候は良かったのですがシーイング不良でした。2月1日も更に輪をかけて不良でしたので冬型の気候でしばらくはダメそうですね。
 そんな条件なので出来は今一ですが一応完成しました。
NGC2359
47035ab1.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    SⅡ5nm:5min 18枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 18枚
    OⅢ5nm:10min 17枚  
    RGB 5min 各2枚 (2×2ビニング)

           計7時間50分露出


↑このページのトップヘ