天体写真Diary

天体写真の趣味に没頭している毎日です。

2018年07月

 26日夜は月齢13とほぼ満月です。そんな状況で遠征で何百kmも走るのもどうかと思うのですが、晴れ間の少ないこの時期に晴れを逃すなんて我慢出来ません。
 福島方面の真っ黒なSCWの予報に仕事終了後一路東北道を走りました。結果的にその夜は房総も晴れたみたいで、時間的にそちらの方が良かったのですが予報の判断は難しいです。南会津も候補でしたが一時曇ったようなので白布峠で正解だったと思います。
 この夜は鏡筒の温度差の故かピントが落ち着かないので放置撮影が出来ずなかなか仮眠が出来ませんでした。翌朝絶景の裏磐梯の景色を車の窓から楽しみつつ帰りましたが翌日の仕事がきつかったです。
 月が太いので明るい空ですが、そこは街中と違って福島の北端で標高1400m越えですので流石に透明度の高い綺麗な星空でした。シーイングも良好で良い画像が得られました。
 
NGC7380魔法使い星雲 SAO合成
c2884364.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    
     SⅡ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 10枚
    OⅢ5nm:5min 12枚 (2×2 ビニング)
          
         露出時間3時間40分

 明け方には気温13℃と寒くダウンを着込んでいました。もう秋が来たかと勘違いするほどでした。



20日と21日は長躯東北方面に遠征してきました。天候が不順でSCWの予報が当てになりません。すっきり晴れる日を待っていても撮影出来なので駄目元で遠征しています。東北は駄目元で向かうにしては遠いですが、毎日暑いので涼しい所がいいなと思い東北の山中に涼と星空を求め二日間も行ってしまいました。土曜の日中は仕事なので両日共に日帰りで二日間で1000km越えです。
 
 20日はSCWなどの予報と気象衛星からかなり迷いました。一旦は近場栃木市に行きましたが、思い直して福島-山形県境を目指して一路北上です。迷った分時間をロスしてしまいました。現地には22時頃に到着して機材を展開。幸い快晴無風で透明度の高い天の川もざらざらした暗い最高の空でした。一時薄雲がよぎりましたが朝まで撮影出来ました。残念ながら撮影時間が4時間弱しか取れず、もう少し早く到着したかったですね。標高1400m越えで気温は20℃を完全に下回り、涼しく快適な一晩でした。翌朝帰り道の桧原湖や磐梯山などの景色は絶景で何度も停車しては景色を見入ってしまいました。
  
 翌21日はSCWの予報はかなり厳しいもので諦めるつもりでしたが、18時の仕事終了後気がついたらまた東北道を北上してしまいました。夜半遅くには北から晴れるだろうという判断でなるべく早く晴れそうな蔵王まで行ってしまいました。結果的には浄土平の方が良かったみたいです。久々の蔵王でしたが風がやや強くシーイングも良くない残念な空でした。風は避けれる場所に機材を設置しましたが、シーイング不良はどうにもならず。露出時間は伸びたもののあまり画質向上は出来ませんでした。

 対象はケフェウス座IC1396の中の特徴的な象の鼻vdB14付近です。一度LRGBで真紅の色合いで表現してみたかったです。

象の鼻vdB14付近
b9d0a296.jpg




機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    L10min 18枚
    RGB各5min 10枚(2×2ビニング)
       
           計6時間30分露出
 

13日と14日は連荘で遠征してきました。両日共に星友のひろたろうさんとご一緒に遠征してきました。初日13日はかなり厳しい予報でしたが、駄目元で福島の田村市に決め仕事が終わり次第向かいました。現地には福島の有名な天体写真家Sさんが既に機材を展開されていました。Sさんのお姿を拝見したら今夜は晴れると確信しました。到着時風がやや強かったものの風もすぐおさまり、その後快晴の良い空になりました。途中薄雲がでてしまい終わってみると全体としてはやや残念な天候でしたが、4時間撮影出来たのは幸いでした。

 翌14日はぴんたんさんからお誘いを受け新潟に遠征してきました。途中のSCWの予報は一時かなり厳しい感じでしたが現地到着後すぐに快晴となりその後ほぼ朝まで快晴無風でシーイングも素晴らしいgoodコンディションでした。とても暗い空で天の川もざらざらした素晴らしいものでした。
 ひろたろうさん、ぴんたんさん、まーちゃるさんと共に良い条件の空の下で天文談義が弾み、とても楽しい一晩になりました。

 はくちょう座 まゆ星雲

68d48043.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -15℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    L10min 42枚
    RGB各5min 6枚(2×2ビニング)
       
           計8時間30分露出
 
 まゆ星雲の絡みつく淡い部分と周辺の分子雲の表現が難しいです。幸い暗い良い空で露出時間が伸ばせてある程度形になりました。

関東は例年より早く梅雨明けしましたが、梅雨明けすぐはまあまあの天候でした。
7月1日は霞ヶ浦遠征してきました。SCWの予報は駄目でしたがよく晴れていました。
しかしその後の天候は良くないですね。
  特に西日本では大雨が大きな災害となっており災害に遭われた方々には心からお悔やみ申し上げますとともに一刻も早い復興を願っております。
 
 天候の良くない状況ですが8日は晴れそうな気象衛星の画像に近場の栃木市に遠征してきました。散々迷って自宅を出発したのが22時少し前です。結果的に2時過ぎまで晴れてくれて露出時間が伸ばせました。

NGC6823付近

da422ec3.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -15~-20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    
     SⅡ5nm:5min 36枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 37枚
    OⅢ5nm:5min 48枚 10min 13枚(2×2 ビニング)
          
         露出時間15時間20分

 OⅢ成分が少なくBの色がうまく出ません。8日は幸い月も細くOⅢを10min撮って色だししました。

 今月発売の星ナビ8月号に入選しました。
天文ガイドの方が自信があったのですが見事落選でした。また次回に向けて準備します。

M63
d30ae274.jpg


 星ナビに拾ってもらって良かったです。これで今年度入選8作品目です。

 昨夜はダークの撮り直しのつもりでしたが空があまりに晴れていて、これはまたまたSCWの予報が外れていると考えて夜勤先で街中撮影しました。対象は街中でも撮れる明るいM27あれい状星雲にしました。周辺に広がる淡いOⅢの領域は厳しいですがシーイング良ければ構造描写は完成します。

M27 あれい状星雲 AOO合成
7dea9ab4.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -15℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    
    Hα5nm:10min 17枚
    OⅢ5nm:5min 15枚(2×2ビニング)
    
                          露出時間4時間5分
 


 梅雨明け宣言ですが天候は良くないです。というか予報が外れまくりです。今夜もSCWでは駄目な予報で油断してビール飲んでサッカーなど見ていましたが、ここさいたま市付近21時から只今午前1時半までずっと晴れています。近場に撮影行くべきでした。がっかりです。SCW全然当てにならないです。21日は街中でしたが予報では駄目そうでしたが時々曇るものの結局は晴れました。24日は逆に2~3時間は晴れてくれる予報に期待して南会津まで行って撃沈していました。昨夜もSCWではほぼ駄目でしたが衛星画像から前線の動きを見て霞ヶ浦に行ってきました。時折雲がかかるものの風が吹いているせいかすぐに晴れてくれて薄明まで撮影できました。SCWを参考にしなくて正解でした。天候の判断の難しい時期です。
 
 昨夜は久々の霞ヶ浦でした。光害ありますがさいたまよりはずっとましです。満月ですので十分です。 
 天候は結局運良く終始晴れたものの風がやや強く、車の陰で機材を設置しましたが星が少し流れてしまいます。そこで対象は先日街中撮影したNGC6823付近を、主に追加でOⅢ・SⅡを撮影しました。輝度情報ではなくカラー情報なら恒星の流れも何とかリカバー出来ます。

 NGC6823付近
edf653df.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -15~-20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    
     SⅡ5nm:5min 23枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 24枚
    OⅢ5nm:5min 27枚(2×2 ビニング)
           計8時間10露出
やや淡い所も多いので街中や満月ではやや厳しいものがあります。
仕上がりはまだ思案中です。   
          

↑このページのトップヘ