天体写真Diary

天体写真の趣味に没頭している毎日です。

2018年05月

 前後しますが22日は夜半から曇りのSCWの予報でしたが、前日にも予報が外れて晴れていたので予報が外れる事を期待して田村市に遠征してきました。幸い予報よりやや遅く午前2時まで撮影出来ました。前日の妙義山で撮影したM8ですがシーイングがやや不良でしたので追加撮影しました。この夜は比較的シーイングは良好でした。がしかしなかなか画像処理で前回の作品を上回る事が出来ず苦戦しています。
まだ暫定的ですが

SAO
e4f1b32f.jpg

 
AOO+RGB
dca7051c.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)+7枚
    Hα5nm:10min 3枚+9枚
    OⅢ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)+8枚
    RGB各5min 3枚(2×2ビニング)
       
           計6時間露出

 散光星雲が昇ってくると、ナローバンドで街中撮影や満月に近い状態でも撮影出来る様になります。
 天候不良になりつつある最近なので、少しでもチャンスを増やすため月が太かろうと街中であろうと晴れる可能性があればあちこちで撮影しています。19日の妙義山遠征のあと22日は田村市、24日は街中、26日は南会津に遠征してます。最近年のせいか寝つきが悪くなり短いインターバルでの仮眠がしずらくなりました。1-2時間さっと寝て回復してまた仕事、そしてまた遠征といったスケジュールがややきつくなってきました。疲れが残ってしまい、合間の夜に画像処理が出来ず爆睡状態になってしまいます。
 昨夜は月は太めですが出かける決心をして、SCWで関東平野は怪しかったのですが福島や新潟方面は晴れる予報に南会津に遠征してきました。幸い一時午前2時に30分ほど雲ったのですが後は撮影できました。先日の24日の街中でもそうでしたが肝心の対象が上がってくる深夜のいい時間に曇られるのは困りますが撮影出来るだけましです。

 24日の街中と昨夜26日ははくちょう座の網状星雲の片側NGC6960を撮影しました。
f84e1cc0.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min30枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 15枚
    OⅢ5nm:10min 11枚
   

           露出時間6時間50分

 OⅢをメインに青くてシャープな網状星雲を目指してみました。もう少しR(Hα)が強くても良かったですね。街中での撮影に遠征地でも月の明るいタイミングでは淡い所は今一ですね。

 22日の田村市のM8は画像処理中です。

 昨夜は星友のひろたろうさんとご一緒に妙義山に遠征してきました。
天候はやや危ぶまれた状況でしたが、幸いにも薄明までほぼ快晴微風のグッドコンディションでした。現地は新月期の週末でもあり同好の方で賑わっていて、楽しい天文談義のひと時を過ごす事が出来ました。またひろたろうさんには、いつものとっても美味しいラーメンとコーヒーをご馳走になりました。ひろたろうさん、いつもありがとうございます。
 対象は当初銀河そして後半にはいて座の散光星雲をと考えていましたが、夜の短くなったこの時期では二兎を追う者は一兎も得ずになり兼ねないので、銀河は早々に諦め、後半の対象に備え焦点距離を1880mmから1250mmに変更し準備しました。しかし途中でのシステム変更は、冷却CCDを一旦取り外すためにその温度を戻す作業や、バランスの変更・極軸やアライメント再調整と、思いの外大変で時間のロスが多く課題が残りました。

 ほぼ徹夜の状況下で帰宅後、SAO合成のみで暫定的に画像処理をしてみました。シーイングも不良でしたので後日Hαを中心に再撮影の予定です。

 いて座 M8 The Lagoon Nebula
d07f58d7.jpg




機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 3枚
    OⅢ5nm:5min 12枚(2×2ビニング)
    RGB各5min 3枚(2×2ビニング)今回未使用

           露出時間3時間15分

 南会津にて追加撮影したM16をAOO+RGB合成で仕上げました。SAOも30%ブレンドしています。

M16AOO+RGB
a757104d.jpg


全体としてはナチュラルのイメージで中心部の構造はナローの良さを生かしたディテール重視にしています。

14日街中撮影したM16の追加撮影するため翌15日は単独で南会津に遠征しました。
14日もそうですが事前のSCWの予報は厳しいものでしたが結果としてよく晴れてくれました。予報に反し群馬や栃木もほぼ快晴だったようです。南会津まで行かなくても天候は大丈夫だったのですが、久々の南会津の暗い空に堪能した一晩でした。

M16
2a9358d1.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 20枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 14枚
    OⅢ5nm:5min 24枚(2×2ビニング)
    RGB各5min 4枚(2×2ビニング)

           露出時間7時間

 周辺の淡い所の描写が向上しました。中心部は街中でほぼ十分ですがOⅢの追加でノイズ低減しました。RGBは恒星の補正のみに使用しています。
後日AOO+RGBも画像処理してみます。


 昨夜は良い天候で遠征に行きたかったですが大変残念ながら夜勤でした。
そこで街中でナローバンド撮影していました。

M16
ae3f479d.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 12枚(2×2ピニング)
    Hα5nm:10min 12枚
    OⅢ5nm:5min 10枚(2×2ピニング)

           露出時間3時間50分

 シーイングもそこそこでまずまずディテールは捉えられました。
また遠征で残りの撮影して仕上げていきたいです。

 5月10日の妙義遠征で後半の対象はM20でした。先日4月28日から3夜でナローで撮ったものですが、RGBとOⅢ追加で撮影してみました。結果的にOⅢが良くなかったのでRGBメインでHαを輝度の修正に使用して処理しています。

M20
bec45a72.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL QHYOAG-Mでオフアキガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    
    Hα5nm:10min 26枚
    
    RGB各5min6枚
      露出5時間50分

 5月10日の夜は星友のひろたろうさんと妙義山に遠征してきました。新月期に入り天候不順が続いていて少ないチャンスをものにと急遽夜勤を交代してもらいました。
 現地では地元のN氏と我々を含み計4組で今夜は少ないですねなどと話していたらdem*o*948さん、よっし~さんをはじめ次第に同好の方が集まり10組近くになり賑わっていました。皆さんでの天文談義に大いに花が咲き楽しい一夜となりました。
 よっし~さんには40cmドブソニアンで感動の迫力ある眼視での天体を見させていただきました。よっし~さん、ありがとうございました。
 天候は明け方南西の低空から薄雲が掛かり始めてその後広がり撮影に影響が出てしまいましたが、ほぼ無風のgoodコンディションで晴れてくれて良かったです。シーイングは当初今一つでしたが次第に良くなり中の上といったところでした。先日都留に単独で遠征した時に撮ったもののシーイング不良で没になりかかったM63ひまわり銀河を仕上げることができました。

M63
de3ac7a9.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar GT-40/Maxim DLでガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L:10min 24枚
    RG各5min4枚B6枚(2×2ピニング)

      露出5時間10分

 本命のいて座のM20が上がってくるまでの撮影テストを兼ねた限られた時間内の撮影の予定でした。シーイングが改善してきたのでもう少し長く撮影したかったです。

 ゴールデンウイーク前半は仕事三昧で夜勤3連荘でした。その間満月ですが幸い天候は良く撮影していました。モチベーションの向上の理由は、今回からCCA-250を始動したことによるところが大きいです。CCA-250はMewlon-250CRSよりイメージサークルが大きく星像もシャープです。また1880mm・1250mm・890mmの3つの焦点距離を使えるのは撮影の幅が広がるというのが購入の目的です。なんとか頭金をためてローンで購入しました。ただやはり重くなりました。赤道儀への搭載が一苦労です。
 オフアキのボディが接続リングにあたったり用意したアリミゾが合わななかったなどのトラブルがありましたが、なんとか27日妙義山遠征でファーストライトに成功しました。本格的にこの夜勤で撮影開始です。明け方までの短い時間で南の低空の対象にチャレンジです。南は東京方面で光害がひどいので長焦点で明るい対象狙いです。OⅢが厳しいですが何とか画像になりました。

M20
da154069.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL QHYOAG-Mでオフアキガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    SⅡ5nm:5min 31枚(2×2ピニング)
    Hα5nm:10min 26枚
    OⅢ5nm:5min 11枚(2×2ピニング)

      露出7時間50分
後日RGBとOⅢ再撮影して完成の予定です。

↑このページのトップヘ