天体写真Diary

天体写真の趣味に没頭している毎日です。

2017年03月


 ここ数日GPVでは完全な雲り空の予報下で実際には晴れているという天候がままあるようです。比較的眠い空で薄雲りなのでしょうが、撮影可能な状況なので出かけたくてうずうずしていました。しかし非常にギャンブルなので迷っていましたが、29日水曜日の夜は近所の田んぼに出かけてナローバンド撮影をすることにしました。
 対象の一つ目はSh2-274の追加撮影をしました。一月から時々撮影していたSh2-274です。主に街中で一晩は栃木市で撮影していました。光害地ですからナローバンド撮影です。29日は20時過ぎから別な対象も含め3時前まで撮影出来ました。

ふたご座Sh2-274 メデューサ星雲
62be2e35.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃ないし-30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フイルター Astrodon
           
           A: Hα 5nm 10min 36枚 
           O:OⅢ 5nm 10min 24枚
                         計10時間露出
ほぼ街中でOⅢが厳しいです。もっと青いバックを出したいですね。
SⅡも撮ってはいるのですが赤の色味のいいAOO合成としました。

 昨夜栃木に遠征してりょうけん座のM51銀河をMewlon-250CRSの直焦点2500mmで撮影してきました。ここのところシーイングが以前より改善してきていて直焦点でも撮影可能と判断しました。
 現地にはエイイチさんがいらしていて、その後星友のひろたろうさんも到着しました。その他3組も星見の方がいらしたのですが、自分の自宅の近所の方がお二方もいらして偶然にびっくりしました。
 天候は全体としてはまずまずの天候でしたが、途中風が強くなったり、薄雲の襲来があったりと気の抜けない天候でした。シーイングは途中かなり良くなったもののまたやや悪化してしまいました。でも2500mm直焦点で撮影出来たので良しとするところです。

りょうけん座 M51銀河
1d133a47.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS 2500mm F10
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
           L10分16枚 5秒10枚
          RGB各10分(2×2ビニング)RG各6枚B3枚 5秒各10
         
                 計5時間13分

まあまあのシーイングで銀河の内部構造もある程度は描出できました。
また画像処理を詰めてみます。

 昨夜と一昨夜連夜で遠征してきました。一昨夜は山梨に遠征でしたが雨の中の移動および現地到着時も雨で挫けそうでしたが、運良く22時半には晴れてきました。抜けの良い快晴に恵まれましたが残念なことに2時には曇ってきてしまい、その後3時半には再び晴れたものの若干露出不足でした。昨夜の遠征では栃木市でしたが星友のひろたろうさん、CST友の会のH氏始めとする3人の方々、それにdem*o*948さんもいらしていて大変賑やかな遠征でした。天候も終始快晴に恵まれ露出時間を延ばすことことが出来ました。

かみのけ座 NGC4725
2e466a58.jpg



機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
           L10分34枚 5秒10枚
          RGB各10分(2×2ビニング)RG各2枚B6枚 5秒各10
         
                 計7時間24分

シーイングはそこそこで解像度がまあまあの元画像が得られましたが、なかなかそれを生かし切る画像処理能力がないので思ったほどの完成度にはなっていません。

先週から街中ブロードバンド二日、栃木遠征は天候不良そしてまた翌日街中。
中一日休憩を挟んでのの一昨夜と昨夜の連夜遠征で疲労がたまり画像処理能力がただでさえ低いのに思考回路低迷です。また後日やり直してみます。

 天候はやや不安定で曇りがちな毎日ですが雲の合間をぬって撮影しています。
7日間で露出時間1250分 20時間を越えてきました。がしかしやはり街中メインなのでコントラストが良くないです。この時期夜勤が多く遠征になかなか行けないですが遠征地の暗い空で追加撮影してみたいです。銀河も撮りたいので難しいですが。

やまねこ座 PK164+31.1 ナローバンドAOO合成
a2186406.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃ないし-30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フイルター Astrodon
           
           A: Hα 5nm 10min 76枚 
           O:OⅢ 5nm 10min 49枚
                        20時間50分露出

ディテールの描出とOⅢ成分の色は良くなりましたが全体の作品としての出来は前の方が良い様な感じです。がっかりです。



 ここ一か月で月のある時期に街中や栃木市で撮りためつつある対象です。
昨シーズンも撮影しています。今年もチャレンジしてみました。というのも画角的にちょうど良いものでこの時期にナローで撮れる惑星状星雲を他に知らないのでつい同じものを狙ってしまいます。今年はナロー一本で撮影していますが淡いので厳しいです。5夜(といっても一晩は風が強く2枚のみ撮影)で14時間余り撮っていますがまだまだです。途中経過ですがアップしてみます。晴れれば追加撮影するつもりです。

やまねこ座 PK164+31.1  AOO合成
d9a761e7.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フイルター Astrodon
           
           A: Hα 5nm 10min 56枚 
           O:OⅢ 5nm 10min 29枚
                        14時間10分露出
ナローオンリーの方がディテールが詳細に出るのですが淡いので全然写らず苦戦しています。

 3月3、4日と連夜で星友のひろたろうさんと妙義山に遠征した時の二日目の対象です。この夜の天候は朝まで晴れてはくれましたが途中風が強く撮影出来ない状態でしたがその後やんで予定の撮影を終了しました。現地には地元のT氏他数名の星見の方がいらしていました。

この対象は以前SE250Nでも撮影していました。

おおぐま座 NGC3184
9d31c468.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
           L10分16枚 5秒10枚
          RGB各5分(2×2ビニング)6枚 5秒各10
         baader planetarium
           Hα 7nm 10min 6枚 
                 計5時間14分
 前回のひまわり銀河の画像処理がなかなか決まらなかったのでこの対象の画像処理が遅れました。


 3月3日と昨夜の二日間遠征してりょうけん座のM63ひまわり銀河を撮影しました。

 3月3日の夜は星友のひろたろうさんと妙義山に遠征してきました。現地では地元のNさんとお会いでき天文談義に花が咲き楽しい一晩でした。ひろたろうさんにはいつもの美味しいラーメンと熱々のコーヒーにスープをご馳走になりました。いつもありがとうございます。天候は快晴でシーイングはまずまずでしたが途中風が強くなりRGB撮影の時にGBの輝星が肥大化してしまい、これの画像処理を今まで四苦八苦していました。結果自分の腕ではどうにもならず、お蔵入り寸前なので昨夜RGBを撮影し直す目的で近場に遠征しました。
  昨夜は月の入りが2時40分過ぎでGPVの予報では3時頃曇る予報という状況で駄目元で出発してしまいましたが、運よく3時以降も晴れてくれました。途中濃霧がでてがっかりしましたがその後晴れて、風もなく良い条件でした。シーイングは一時良かったもののその後は普通でした。月の出ている間ナローで惑星状星雲を撮っています。以前から撮りためているものですが淡いのでなかなか作品になりません。
 月没後M63のRGB撮影は2時間強撮影することが出来ました。

りょうけん座 M63ひまわり銀河
1b0d664a.jpg





 機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
           L10分18枚 5秒10枚
          RGB各10分(2×2ビニング)6枚(内4枚使用) 5秒各10
         baader planetarium
           Hα 7nm 10min 11枚 
                 計7時間54分
 画像処理はなかなか決まりません。途中経過です。
3月8日画像差し替え。

 今月発売の星ナビ4月号に入選しました。
天文ガイドの方は撃沈でした。星ナビに拾ってもらって良かったです。

星ナビ入選作品
IC2177
1b3303e3.jpg



星雲の構造を詳しく描出しつつカラフルに仕上げてみたものです。
入選はいつもうれしいですね。
いつも応援していただいている星友のひろたろうさん、ありがとうございます。

 2月の最後を締めくくる遠征は房総です。2月の撮影日はこれで14日で、二日に一日撮影していたのです。自分でも良く撮影したものです。この内遠征は9回です。
 昨夜はもしかしたら晴れるかもなんてリスキーな考えで遠征をしてきました。結果は終始快晴で全く雲一つない天気で、しかも風も微風か無風でシーイングもまあまあと、最高のコンディションでした。2-3時間の晴れ間に前回の続きをと考えていたのですが天候の良さに新規対象をと考え最も天頂付近を通る条件の良い天体を狙ってみました。しかしこの銀河は形は大変美しいのですが、中心はそこそこ明るいものの周辺はとても淡く難物ものです。なんとかL2時間半撮ってみましたがまだまだ露出不足のようです。

こじし座 NGC3486
b95ed043.jpg




機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒Mewlon-250CRS レデューサーCR0.73Xにて1825mm F7.3
ガイド starlightXpress Ultrastar Maxim DLでガイド (オフアキ)
カメラ starlightXpress SX-36  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
           L10分15枚 5秒6枚
          RGB各10分(2×2ビニング)2枚 5秒各6枚
         baader planetarium
           Hα 7nm 10min 6枚 
                 計4時間32分
 
 駄目元の遠征は大抵ぼうずに終わるのですがたまに昨夜の様なラッキーがありますね。仕事が忙しかったので疲れていたのですが、頑張って行って良かったです。

↑このページのトップヘ