天体写真Diary

天体写真の趣味に没頭している毎日です。

 怒涛の4連荘撮影の後中1日をはさんでまた4連荘撮影してしまいました。
撮影するのは良いですが、昼間は仕事もある上に合間に睡眠も取らなければならず、撮影の後の画像処理が追いつきません。
 8日間も撮影しているのに天候があまり良くないので実際の撮影時間も短く、状況が悪いため日数の割りに作品が今一です。

 12月9日は前段の4連荘の3日目です。雲に悩まされた前々日7日の妙義山・前日の8日の栃木市に比較して9日は良く晴れてくれて、3時近くまで快晴でした。この夜は前日の8日と同じ栃木市でしたが前日と違い一人きりの寂しい一晩でした。

 対象はオリオン座でバーナードループやM78などど一緒に写されているLDN1622の周辺です。一度アップで狙ってみたかった対象です。ナローバンドHαを用いておどろおどろした構造を描出してみたかったものです。比較的淡いのでなかなかあぶり出てこず苦労しました。街中でもHαなら何とかなると考えて13日の夜に夜勤先で夜半から晴れてきたのでHαを追加撮影しました。
 反省点としては栃木市のような明るい空で淡い対象は厳しいです。RGBもかぶりがあってなかなかいい色が出てくれません。Hαも淡いものは街中では厳しいです。
 なんとか形にはしましたが苦労した割りに今二つの出来栄えです。

LDN1622+vdB62
7da0b548.jpg


後日12月18日房総で追加撮影でのver
ノイズは減りましたが難しいです。
827340f7.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    Hα5nm:10min 47枚
    L 10min 13枚 
    RGB各5min R28枚GB各6枚 (2×2ビニン

           計13時間20分露出

 暗黒体の描写にLとRにHαをブレンドしています。反射星雲vdB62の描写には主にLを使用。

  8日間の怒涛の撮影での成果のくらげに続いて第2弾です。
この後まだ二つ残っています。

 12月7日から怒涛の4連荘撮影していました。
天候不良ですが何とか晴れ間を見つけて撮影しています。といっても天候が良くないので作品は二つしか撮れていません。

 12月7日は星友のひろたろうさんと妙義山に遠征してきました。現地にはぴんたんさん、まーちゃるさん、ただよしさんとご一緒でした。天候はあまり良くなく、当初こそ予報に反して晴れていましたが、その後しょっちゅう曇りがちになりあまり撮影時間をとれませんでした。

 翌8日の栃木市も似たようで更にもっと悪く、終始曇りがちの天候で午前2時近くの1時間位は良く晴れていましたが後は雲が多い一晩でした。現地ではOさん・山本さんとご一緒になり、肉眼でウイルタネン彗星などみたりしてお話が出来たのは幸いでした。

 9日も栃木市に遠征しましたがこの夜は予報に反し快晴が続き3時近くまでしっかりと撮影出来ました。この夜は別な対象を撮っています。

 怒涛の4連荘の四日目の10日はあいにくの夜勤でしたがさいたま付近は朝まで良く晴れてシーイングも最高でしたので街中撮影しました。SⅡとHαをがっちり撮影してこれでようやくIC443を仕上げました。
0f4d784a.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    SⅡ5nm:10min 31枚
    Hα5nm:10min 25枚
    OⅢ5nm:5min 37枚 (2×2 ビニング)
            計12時間25分

 昨夜の好シーイングでかなり星雲の構造描写が出来ました。
遠征地ではシーイング良くなかったですが、OⅢは構造があまりないので遠征地ではOⅢを中心に撮影しています。暗い夜の分OⅢは良く出てくれました。

 冬場に入ったにもかかわらず天候が良くないです。そんな中少しでも可能性があれば撮影をとあがいています。
 街中では11月29日の方が晴れの時間が長かったですが、29日は仕事もここのところ忙しく疲れていたので待つこと数時間、1時近くの天候が今一なのででその夜はあきらめてしまいました。翌30日は翌日が土曜日なので頑張ってみましたが、あいにく晴れて撮影できたのは1時間のみでした。

 それならばと12月1日は少しでも晴れそうな蔵王目掛けて出発するも冬季で通行止めなのとギャンブルな天候に蔵王は厳しいと思っていたところ、途中栃木付近晴れていたので粘ってみようと高速をUターンして栃木ICを降りました。しかし終始うす雲の来襲に悩まされ午前2時付近はややすっきりしたものの1時間弱しかもってくれませんでした。

 12月5日昨晩は前半は福島北部晴れそうな予報にまたもギャンブル出動です。磐梯吾妻スカイラインは冬季閉鎖のためその入り口付近の駐車場で機材を展開しました。
到着後雲ってしまい、また駄目かとがっかりしていましたが21過ぎから晴れ始め22時には撮影開始できました。シーイングは駄目でしたがOⅢを撮っていました。暗いなかなか良い空で喜んでいましたがそれもつかの間、予報よりもずっと早く23時半には曇られててしまいました。

 こんな感じで天候は散々な感じで3日間で4時間少し露出を伸ばしました。

IC434 馬頭星雲付近
14efd2c2.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    SⅡ5nm:5min 38枚(2×2 ビニング)
    Hα5nm:10min 20枚
    OⅢ5nm:5min 39枚 (2×2 ビニング)
            計9時間45分
細切れで4時間弱露出を伸ばしてノイズは減りましたが疲れました。

 2019年度版の始まりですが何とか入選しました。

星ナビ1月号入選Sh2-157
1e9f6942.jpg


批評にあるように恒星の色合いが不味かったです。詰めが甘いです。
画像処理のモチベーションがやや下がっているので頑張らないと駄目です。

 昨夜は月もまだまだ太いですが都留市に遠征してきました。現地にはただよしさんがすでにいらしていました。
 天候は終始快晴の好シーイングでした。月の位置が微妙で丁度被る場所でしたが一応撮影してきました。対象はIC434馬頭星雲付近です。まだまだ露出不足で周囲の星雲の描出には足りません。
IC434馬頭星雲付近
8d521a9c.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 1250mm F5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    SⅡ5nm:5min 19枚(2×2 ビニング)
    Hα5nm:10min 14枚
    OⅢ5nm:5min 19枚 (2×2 ビニング)
            計5時間30分


 11月20日M42を追加撮影するために妙義山に遠征しましたが、M42を撮影する前の月の出ている時にIC405勾玉星雲を撮影しました。
 露出が足りなかったので22日に月齢14で更に夜勤で街中でしたが追加撮影して仕上げてみました。

IC405勾玉星雲 ナローバンドSAO合成
76a612fa.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 645レデューサー890mm F3.6
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:10min 28枚
    Hα5nm:10min 21枚
    OⅢ5nm:5min 14枚 (2×2 ビニング)
   
           計9時間20分露出

月明かりが強いのでOⅢは今一ですがOⅢ成分が少ないのでこんな感じでしょうか。

 17日房総遠征でIC1848の撮影の後に撮影しましたが4時に曇ってしまい予定を終了出来なかったM42でした。

 そこで20日は月も太いですが、月没後薄明まで1時間はあるので予定を終了するため妙義山に遠征してきました。月も太いので現地は寂しく自分一人でした。
 天候は幸い朝まで快晴で微風、シーイングも上々で好条件の一晩でした。前半は他の散光星雲をナローで撮影して朝方はM42の残りを撮影しました。

M42
82cb8fa0.jpg


画像差し替えました。

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 645レデューサー890mm F3.6
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    L 10min 17枚 10sec20枚 1sec20枚
    RGB各5min R9枚GB各6枚 5sec各10枚 1sec各10枚(2×2ビニン

  
   
           計4時間11分40秒露出

中心部の飽和を回避して画像処理しましたが難しいです。


 昨夜は房総に遠征してきました。
天候が悪いので駄目元なのと月の入りが0時過ぎなので単独での遠征です。

 前半の対象は先月21日に栃木市にて撮影したIC1848胎児星雲のアップの追加です。
 到着時はところどころ曇っていましたが、予報よりもかなり良く21時過ぎにほぼ晴れてきました。しかし雲がたびたび横切り思ったほど撮影出来ませんでした。胎児星雲の追加撮影は短時間になってしまいました。
 23時過ぎには安定して快晴になり本命の撮影も順調にこなしていましたが、4時に曇る予報を忘れていて撮影スケジュールをミスってしまい、中途半端に終わってしまいました。後日に持越しです。

前半の対象のIC1848胎児星雲のアップです。ややノイジーだったので追加撮影と画像処理やり直してみました。
d4209d05.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 20+6枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 20+2枚
    OⅢ5nm:5min 20枚 (2×2 ビニング)
    RGB各5min 各4枚(2×2ビニング)
        計8時間30分

1時間弱の追加撮影であまり変わり映えないです。

 昨夜はぴんたんさん、ただよしさんと房総に行ってきました。天候は快晴無風の好条件でした。他に3組同好の方がいらしていました。
 明け方にやけに明るい人工衛星が見えました。後で調べたところ飛行コースからISSだったようです。

 対象はペルセウウス座のNGC1333付近です。
画像処理やり直しました。
a4c4b640.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 645レデューサー890mm F3.6
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    L 10min 26枚 10sec20枚
    RGB各5min 各10枚(2×2ビニング)5sec10枚
  
   
           計6時間55分50秒露出

 11月10日は星友のひろたろうさんと妙義山に遠征してきました。
当日は大変な賑わいで下の砂利の駐車場だけでも30台以上の星見の車がありました。こんなに賑わった状態を見たのは初めてです。幾人もブログで知った方がいらしていました。
 天候は残念ながら前半は曇ってしまい、2時間以上も撮影出来ず予定を消化出来ませんでした。選んだ対象が淡いものでこの夜の撮影分だけでは露出時間が全然足りません。シーイングも今一つでほとんど没にしたくなる結果でした。残念です。一応記念でアップしてみます。

NGC1491 SAO合成
d9826a8f.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 645レデューサー890mm F3.6
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -20℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
       
    SⅡ5nm:5min 20枚(2×2 ビニング)
    Hα5nm:10min 11枚
    OⅢ5nm:5min 28枚 (2×2 ビニング)
   
        計5時間50分

 露出を伸ばして完成させるかこのまま没にするのか思案中です。

↑このページのトップヘ