趣味の徒然日記

天体写真の趣味はお休みしています。 今はラジコンと自作PCにはまっています。

  昨夜は10日夜に引き続き2夜連続で撮影に遠征してしまいました。梅雨時期で次は何時になるかわからないのと、昨夜の天気予報が良い方向に変わってきたので大間々台へと出発しました。
 
昨夜の大間々台は天文の方が5-6組いらしていました。いつもNinjaで眼視でいろいろな天体を見せて頂いている、人間自動導入機の栃木のKさん。多くの天体を手でさっと導入できる神業を持っていらっしゃいます。他に40cmの自動導入のドブソニアンの方もいらしていて、御二方にいろいろな天体を見せて頂きました。写真とはまた違うリアルさがとても感動的でした。有難うございました。それに昨夜はおっちゃんさんとも御一緒しました。昨夜もいろいろアドバイスを戴きました。いつも貴重なアドバイス有難うございます。そしてなんと昨夜は星友のひろたろうさんとも御一緒しました。当初赤城方面に行かれるということでしたが、急遽こちらにいらっしゃいました。初めての場所で途中迷ってらして、大変お疲れ様でした。私のメールの案内が不正確ですみませんでした。戦場ヶ原の一昨日と違って知り合いの方々と談笑しながらの一晩は大変楽しかったです。また次回も是非宜しくお願いいたします。
 
 さて天候は当初曇り勝ちで不安な天候でしたが、その後快晴で月の出まで撮影が出来ました。ただ赤道儀が不調でもたついてしまいました。RST-400は6個のガイド星をアライメントすることで、極軸のズレを自動的に検出してくれる機能があります。昨夜はしかし、ガイド星を選らぶ時にハンドコントローラーの文字が消え米印一個が表示される状態が電源リセットしても直らず、結局アライメント出来ずに導入、撮影しました。その後も電源投入後最初に行うホームポジションを自動で検出する時に止まってしまったり、ガイドのキャリブレーションが出来なかったりと、ほとほと困ってしまいました。現在のこのRST-400は不調の自分の赤道儀の代わりに代理店のデモ機を借りているのですが、こちらも不調ということはまだ原因は分かりませんが、Rainbowastroの製品が不安定なのかもしれません。
 そんな状況下で昨夜の対象は網状星雲で、先日の花立でナローバンドHαで撮ったものをLRGBで撮り直してみました。赤道儀の不調もあり午前1時半過ぎの月の出まで2時間露出でした。空の背景が若干白くバックグランド値が高く、淡い映りなので露出に時間をもっと掛けたかったです。残念でした。

 網状星雲NGC6960、NGC6992 白鳥座
2e613696.jpg




2夜連続撮影で眠く体力の限界で画像処理まだ適当です。
赤道儀 rainbowastro RST-400   鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃冷却
フイルター Astrodon tru-balanceフイルター  L10分6枚  
                 RGB各5分(2×2ビニング)4枚 計2時間露出

 いろいろありましたが談笑し、眼視を楽しめ、充実した一晩でした。



 このところずっと天気が悪かったのですが昨夜10日は久々に快晴の夜でした。
北関東のGPV予報から戦場ヶ原かだいくらスキー場を候補に行き先を検討し、
仕事が19時近く迄あるのと月の出が午前0時半過ぎなことからより近い戦場が原に向かいました。現地到着は21時少し前で、途中の空は雲が多く危ぶまれたものの、現地では快晴でした。2週間振りの天の川は鮮明に見え、なかなか良い空模様でした。
ただ戦場ヶ原はやはり車の出入りが激しく、昨晩もほぼ10分おきに車が駐車場に進入して来ます。望遠鏡の設置場所と撮影対象を考えないと駄目な様です。
 対象は時間がまとまってとれれば、新たにサドル付近の散光星雲を狙ってみようと考えていたので、サドル付近を対象に導入して撮影することとなりました。
しかし、自分のRainbowastroのRST-400赤道儀は初期不良で現在天文ハウスTOMITAさんに入院中で代替えのデモ機での使用でしたが、久々のRST-400でいつものEQ6PROと勝手が違い導入迄やや手間取り、撮影までに一時間半以上掛かり22時39分スタートと出遅れてしまいました。途中対象が南中を迎え、鏡筒の反転を要したりもしたので、露出時間は思ったより取れませんでした。

 サドル付近の散光星雲(NGC6910)
5a10a159.jpg









 赤道儀 rainbowastro RST-400   鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃冷却
フイルター Astrodon tru-balanceフイルター  L10分8枚  
             RGB各5分(2×2ビニング) 4枚 計2時間20分露出

 月がでてからはHαのナローバンドで撮影してみました。
e3c56de8.jpg




 フイルター baader planetarium Hα7nm
    10分4枚露出40分
手間取って薄明まで4枚のみの撮影になりました。L画像と比較明合成をしています。
トラブルもありましたが、先月末は県民の森、野辺山と2夜連続撃沈でしたので、手応えのある撮影が出来良かったです。

  昨夜の天候はかなり厳しい予報で、1時間程のみのうす曇り状態の晴れ間という状況でかつそれが2時からと、薄明の時間ぎりぎりという悪条件でしたが、いろいろストレスの溜まることもあり、駄目もとで23時少し前に自宅を出発し星野河川公園に向かいました。途中車から星が見えてきたので、俄然右足に力が入り、1時間以内で到着しました。
 駐車場には先客がいらして、同好の士はこんな天気ではまず来ないだろうと思って覗くと、ホタルを見に来た方でした。良く見るとホタルが数匹飛んでいます。ここ星野河川公園にホタルがいるとは思いませんでした。久々にホタルを見て感動しました。
 機材を展開した時は雲の隙間から星が見え、極望による軸調整と3-starアライメントに入ることが出来ましたが、Polar Alignmentに入るころにはベガさえ見えなくなる程曇り、あきらめかけましたがその後快晴となり、課題の自作バーチノフマスクの確認、ピントスケールの確認、星像のチェックの後、先日街中で撮ったアメリカとペリカン星雲のRGB撮影に入ることが出来ました。
 判ったことは、星像の歪みは主鏡の問題よりピントのずれでした。単純なミスに気がつかなかった様です。ε-180EDはやはりピントがシビアです。
 自作バーチノフマスクはまずまずで、ピント合わせに問題ないようです。ピントスケールはやはり役に立ちます。RGBのフイルター間で同じ厚みなのにこんなにピントがずれ、星像が歪むとは思いませんでした。鏡筒の温度でもかなり変化するようです。
 昨夜の成果はまだ画像処理途中で、とりあえずのものです。

北アメリカ&ペリカン星雲(NGC7000、IC5067)白鳥座 距離約2000光年
b3d4e8fd.jpg






とりあえずL一枚とRGBでの画像で荒れ荒れですがアップします。
先日の街中Hαとの合成はじっくり時間掛けて処理してみます。

赤道儀ケンコーEQ6PRO 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LodestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃冷却
フイルター Astrodon tru-balanceフイルター L10分1枚  
             RGB各5分(2×2ビニング)各4枚 計1時間10分露出
 今回光軸調整が甘くまだまだ星像がいびつですが前回よりはかなり改善しました。
結果的にホタルも見れ、星像チェックが出来て、RGB撮影も出来て良かったのです。なによりイライラした気分が天の川を見ることですっきりしたのが大変成果のある一晩でした。

梅雨に入り天候が晴れません。
そのため何点か機材整備をしてみました。

1)バーチノフマスク作成

以前購入した物も悪くはなかったですが、よりピント精度を上げるためスリットの目をより細かくする目的で、工作は苦手ですが自作にトライしてみました。

サイトからダウンロードしたバーチノフマスクのSVGfileをopenofficeでJPEG変換し、プリントしてからドイトで購入した0.75mm厚の黒色ポリプロピレン樹脂シート(PPクラフトシート)の上にあてて、ちまちまカッターで切ってみました。これは時間のかかる作業です。

8d51d29c.jpg


出来は駄目駄目ですが取り合えずしばらく使用してみます。

2)冷却CCDSX-36のスケアリング調整

 カメラ単独では購入時に天文ハウスTOMITAさんにお願いして調整済みですが、実際に鏡筒と接続してからは行っていなかったので調整してみました。
昨夜近所の田んぼに出掛け、星を映しながら調整したかったのですが、あいにく曇っていて星が短時間しか見えなかったので高圧線の鉄塔の光を代用しました。

3fe1acfa.jpg


バーチノフマスクのテストを兼ねて、明かりの焦点が画角の四隅で合うかどうかチェックして合わない所はこのカメラSX-36の押しネジ引きネジの調整を利用して合わしてみました。

53a4eb51.jpg




3)次に最近購入したε-180ED用のピントスケールを装着してみました。


e95aeda0.jpg


50a11a02.jpg


装着は可能ですが、カメラ一式をねじ込む際オフアキの部分がピントスケールと接触するため、一度ピントスケールを外してからカメラ部分をねじ込み、その後ピントスケールを再装着しなければいけなくなり、手間が増えました。

先程の鉄塔の光でテストした結果、
LとRはほぼ同じピント位置(1/100mmのズレ)
Gは手前に26.5/100mm移動
Bは31.5/100mm手前
Hα28.5/100mm手前
となりました。
後日実際の星像でチェックした後、このデータを元にピント調整を行ないたいと思います。Lで輝星でピントを合わした後、撮影の構図ではフイルターの変更毎にこのデータでピントの変更を行なえるので楽になるはずです。

4)主鏡の清掃と再装着

主鏡が汚れていたのと、星像の変形から一度主鏡を主鏡セルから外して洗浄し

72f3c9a2.jpg


圧迫を加えないよう気を付けながら主鏡のセンターをだして固定してみました。

e57d86d3.jpg


これも星像でテストしてみたいところですが、先程の田んぼでは短時間星が見えましたがピントを合わせているうちに曇られ、後日の課題となりました。

実はこの時、国際光器さんのポケット人工星ジェネレーターを購入していて、曇っていても星像のチェックを行う予定でしたがこのジェネレーターのピントが100m以上離れてもなかなかこないのであきらめました。

eb2ebdc8.jpg


次の晴れ間が楽しみです。


梅雨期間で毎日天気が悪いですが、ふと昨日GPVで、台鞍スキー場が23時過ぎ迄なら晴れそうなので思わず出撃してしまいました。距離にして200km以上もあるのに、たった2時間弱の星の夜を求めて行くのも冷静に考えるとばからしいですが、今日から5夜連続夜勤なので、行くなら昨夜しかないと強行しました。
現地に20時過ぎに到着して準備していると若干曇ってきましたが、なんとか撮れそうなので前から撮りたかった、いて座のターゲットを導入しました。
当初いて座のある南東の低空は、うす雲が掛かっていてあまり条件が良くなかったですが、快方に向かうのを信じ薄明終了と同時に撮影を開始、その後運良く快晴となり、しかも午前1時近くまで天気が持ってくれました。結局計4時間近く露出出来たのは幸いでしたが、低空の対象かつ当初および途中のうす曇りで3分の1はボツでした。

M20三裂星雲、M8干潟星雲 いて座
f56ac965.jpg



赤道儀ケンコーEQ6PRO 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36  -20℃冷却
フイルター Astrodon tru-balanceフイルター L10分12枚  
            RGB各5分(2×2ビニング) 7枚 計3時間40分露出

星像がかなりいびつです、鏡筒を再チェックしないと。
(2015.6.13 画像再処理で差し替え)



 昨日は月齢18で21時台から月の出があったのですが、梅雨に入る時期で今後天候がしばらく悪く、次の撮影が当分困難の様子につき、昨夜天候が良さそうな花立自然公園に撮影に出かけました。
 しかし、結局午前2時過ぎまで撮影は出来たものの、終始雲がかかっては消えの連続で撮影条件はかなり悪かったです。
 当初、先日街中で撮った北アメリカとペリカンのRGBを街中ではなく遠征地で撮り直す目的で、北アメリカとペリカンのRGBを月が出るまでの間撮影し、次に網状星雲をHαで撮影してみました。
北アメリカとペリカンは月の出るまでの撮影でしたが、高度が低くまた雲の影響であまり良く撮れませんでした。
網状星雲も月が出てからナローバンドのHαで撮影したのですが、たびたび雲がかかったので、Hαの15分12枚の露出時間3時間の3分の1はボツとなりました。

網状星雲NGC6992から6995、NGC6960 白鳥座 距離1600光年
2万年前の超新星の爆発の残骸が広がって出来たものです。
01b45d20.jpg



赤道儀ケンコーEQ6PRO 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36 フイルター baader planetarium Hα7nm
    15分12枚露出180分の中120分の画像を処理

機会を見てRGBの撮影をしてカラー化してみたいです。

ペリカンと北アメリカはこれから画像処理してみます。
なおこの夜現地でびんたんさんと龍之介さんとご一緒しました。
色々撮影のノウハウを教えて戴きました。
びんたんさん、龍之介さんお世話になりました。有難うございました。
網状星雲のHα画像処理しなおしました。
1605851d.jpg


残念ながらこの夜とったペリカン、北アメリカのRGBは没でした。雲がかかって、かぶってしまい画像になりませんでした。次回撮り直しです。

街中撮影の第2弾はIC1396です。
今回は前回同様光害のひどい街中で、更にほぼ満月(月齢16)という条件です。
本来ならこんな時は撮影しないですが、梅雨前のつかの間の晴れ間で、機材のチェックを兼ねて撮影してみました。
なるべく月と違う方向で光害の少なめの方向でと、ケフェウス座のIC1396星雲を狙ってみました。ガーネットスター(左上の明るい星)が赤く輝き、いくつもの暗黒帯からなるこの大き目の星雲は独特の模様が興味深い天体です。

ケフェウス座 IC1396 距離2500光年
a4398c13.jpg



赤道儀ケンコーEQ6PRO 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36 フイルター baader planetarium Hα7nm
    15分6枚露出90分
途中で曇ってしまい少なめの枚数なのと淡い天体で満月に近い光害のひどい条件で、
やや不鮮明な写真です。
RGBも撮ってはみましたが前回のペリカンよりさらに悪い条件で、かなり難しいです。後でトライしてみます。

いよいよ星雲・星団のシーズンです。
今晩は久しぶりにε-180EDをだしました。光軸調整とオフアキの調整をして、
はくちょう座のデネブ付近の有名なペリカン星雲・北アメリカ星雲を
街中で狙ってみました。周辺には24時間営業の施設もある、
1-2等星が見える程度の光害のひどい場所です。
テストを兼ねて、Hαのナローバンドをメインに撮影しました。
途中経過の写真です。

はくちょう座  北アメリカ星雲 ・ペリカン星雲 距離2000光年
北アメリカ星雲とペリカン星雲は隣にある同一の水素からなる星間雲で構成されています。近くの恒星の紫外線を受け発光しています。
4a61efb8.jpg



赤道儀ケンコーEQ6PRO 鏡筒ε-180ED
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ starlightXpress SX-36 フイルター baader planetarium Hα7nm
    15分8枚露出120分
RGBも一応撮ってみましたが光害でかぶりがひどくこれからチャレンジしますが
難しいです。
カラーにしてみました。RにHαを比較明ブレンド、RGB合成してかぶりをとってから
Hαと輝度合成しました。その際ピンクにならないようRGBの彩度、Hαの輝度等を調整してあります。
2105695a.jpg





5月22日に引き続いて24日も遠征してきました。

GPVでは夜半には晴れる予報でしたが、最後までうす雲の残る残念な天気でした。
そのため今晩の大間々台は天体観測に来ていたのは自分独りだけでした。
今回のターゲットは、22日に時間が足りなく未消化に終わったM109を、
前日の70分の露出に加え、今宵は170分の計240分の露出掛けて画像処理しました。

M109銀河 おおぐま座 距離2700万光年

7d385950.jpg


赤道儀 rainbowastro RST-400  鏡筒 ケンコーSE250N
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ モノクロ冷却CCD QHY9 フイルター baader planetarium 
L10分12枚 RGB各5分8枚(2*2ビニング)露出240分
若干のトリミングあり。
前回のよりはかなり改善していますが、天候の関係でまあまあの画像です。
いよいよ春の銀河のシーズンも終わりに近いので、次回からは鏡筒を
ε-180EDに変え、星雲・星団をターゲットにしていこうと思います。


昨日は大間々台に遠征に行きました。

その前13日は、昼頃までは晴れのの予報で南会津の高杖スキー場に遠征しましたが、
17時過ぎから天候が悪化、曇りとなってしまいました。それでも星は見えていて、
アライメントから構図決め、そしてピントをだしている間に曇ってきて、
数枚撮ったところで完全に曇ってしまい中断、更に黒い雲が出現したので
機材を撤収しました。しかし、その後再び晴れてきたのであわてて機材の再設置、
アライメント施行したところでまた曇ってしまい、午前1時をまわってあきらめて
撤収しました。そして帰る頃にまた晴れてきました。
全く振り回された一晩でした。

21日夜も天候が若干怪しい中大間々台に遠征したのですが、
この夜は星像の突然の悪化で全く撮れなかったです。その星像は

a8b9168d.jpg


こんな感じで当初ガイド不良を疑っていろいろ調整しましたが駄目でした。
その後数秒の露出でも同じ傾向の星像でした。数秒の露出ではガイド不良や
赤道儀の不良は考えにくく、先日汚くなった主鏡の洗浄を行っていたので、
ここにきて光軸不良と考え、その場で光軸調整を試みるも全く改善せず
お手上げで失意のまま帰宅となりました。帰宅後光軸再調節をし、
光軸不良は取り付けの不良からくる移動中のずれと考えしっかり固定して
連日の遠征となりました。
翌22日である昨晩は光軸調整用にLEDパネルを持参しました。
観測地手前のパーキングで光軸が合っていることを確認して現地大間々台に入り、
機材を設置、アライメントに入り星像を確認したところ全くいびつで、
金平糖を変形させたようです。ショックでした。
改善どころか悪化していたのです。
愕然とする中ピントを出し入れして星像を見ているとあることに気づきました。
SE250Nでは主鏡を止める爪が6つあるのですが、
この爪の部分がへこんだ様に見えます。
つまり主鏡押さえで主鏡が圧迫変形していたのではと考えたたのです。
あきらめの境地でしたが、鏡筒を下ろし、主鏡セルをはずし、
現場で修繕にかかったのです。
主鏡をとめている6つの爪をいったんはずし、かるく止まるぐらいでの固定と
しました。主鏡セルを取り付け、車の中で外に光が漏れないようにしながら
LEDパネルを使い光軸を合わせ、祈るような気持ちで鏡筒を載せ
アライメントで星像を確認したところ、星像は直っていました!

一連の出来事は大変でしたが良い経験となりました。大幅に予定を
過ぎていましたが
当初の狙いのNGC4725銀河を導入、撮影開始しました。

NGC4725銀河   かみのけ座  距離4000万光年
f49a5101.jpg




赤道儀 rainbowastro RST-400  鏡筒 ケンコーSE250N
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ モノクロ冷却CCD QHY9 フイルター baader planetarium 
L10分6枚 RGB各5分4枚(2*2ビニング)露出120分

無事撮影が出来てほっとした瞬間です。
時間が若干あったので、M109銀河を導入しました。

M109銀河 おおぐま座 距離2700万光年

bd378438.jpg



赤道儀 rainbowastro RST-400  鏡筒 ケンコーSE250N
ガイド starlightXpress LoadestarX2 Maxim DLでガイド、撮影
カメラ モノクロ冷却CCD QHY9 フイルター baader planetarium 
L10分4枚 RGB各5分2枚(2*2ビニング)露出70分
若干のトリミングあり。

露出時間が短くとりあえずの一枚です。次回きっちり時間を掛け撮りたい
形の良い銀河です。

こんな感じで何かとトラブルが多い天体写真ですが、楽しんでやっていこうと思います。
最後に帰りの大間々台からみた日の出です。
557adf9b.jpg




↑このページのトップヘ