天体写真Diary

天体写真の趣味に没頭している毎日です。

5月2日から3日間南会津で撮影していました。2日は日帰り、3日から4日は現地で車中泊の合宿に参加しました。
 2日はここなら晴れそうと南会津に目的地に決めて自分単独で遠征しましたが偶然現地でぴんたんさん、まーちゃるさん、Inoueさんとご一緒になりました。3日からは星友のひろたろうさんと、Itouさん、OOKENさんも加わりました。OOKENさん以外の6人は翌日の4日までは現地車中泊の合宿でした。4日の夜にはT-Fixさんsora-canさん他も加わり、10組以上でかなりの賑わいでした。この場所に自分以外の方と合流するのは珍しい事で、10組なんて初めてのことです。

 天候は南方面に雲が残る状況でしたが、快晴ほぼ無風の好条件で、特に3日と4日は南方向も時間とともによく晴れた絶好の条件の至高の3日間でした。南会津の暗い良い空で晴れの天候を3日間も満喫できるという天文生活始めて以来最高の3日間でした。3日の夜は本当に良い空で双眼鏡で見た南方向の天の川が圧巻でした。

 いつもの遠征は慌ただしく日帰りの自分にとって、今回は車中泊ですが現地でのんびり出来、かつ道の駅で温泉にもつかり、星仲間との会話もゆったりとした時間を過ごせたことはこの上ない充実した3日間になりました。

 2日と3日の後半のメインシステムの対象はM20です。今回は特に3日が暗くて良く晴れて好シーイングの条件で昨年以上の作品に仕上げることができました。


M20
LRGBc1-2tr
機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 23枚 10sec20枚
    RGB 5min R8G8B10枚 (2×2ビニング)
     

           計6時間3分20秒露出

充実した3日間の第1弾です。

今月発売の星ナビ6月号入選しました。
先月は両紙とも残念でしたので今回の入選は非常にうれしいです。
これで今期5作品目で昨年よりややペースダウンです。他の方々のレベルも非常に高いのでなかなか厳しいです。
また次回も自分でも納得できるような良い作品が出来るように頑張ります。

星ナビ6月号入選月号入選  M82

LRGBHc-2-1-2tr
15時間以上かけてHⅡのジェットを描出した点を評価して頂きました。努力が報われた感じです。
自分としては楽しんで遠征・撮影しているので苦労では全くないのですが。

昨夜は星友のひろたろうさんと妙義山に遠征してきました。
連休初日で土曜日の夜にもかかわらず、予報が風が吹いて曇りそうな為か途中一組の同好の方がいらした以外は我々二人きりでした。
 幸い風が時折やや吹くものの朝まで快晴で全く曇りませんでした。気温はかなり寒く0℃付近でした。
シーイングは残念なことに不良でした。
 対象はM3球状星団です。シーイング不良でもあり天頂付近の球状星団を狙ってみました。
26d88aec.jpg



機材その他データ
赤道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 22枚 10sec40枚
    RGB 5min 各6枚 (2×2ビニング)
   

           計5時間16分40秒露出

 4月4日夜勤中に試し撮りしたM16ですが光害地のしかも悪条件の南の低空ですが予想以上に良く撮れていたので追加撮影して完成させました。5日はシーイング不良であまり使い物になりませんでした。そこで2018年度撮影分を加えて処理してあります。

まずはナローSAO合成で。RGBは恒星の色、輝度調整に使用。

M16 SAO合成+RGB
Ver2
d66dda58.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    SⅡ5nm:5min 38枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 28枚
    OⅢ5nm:5min 45枚(2×2ビニング)  
    RGB 5min 各8枚 (2×2ビニング)

内2018年5月分
    SⅡ5nm:5min 20枚(2×2ビニング)
    Hα5nm:10min 17枚
    OⅢ5nm:5min 24枚(2×2ビニング)  
    RGB 5min 各4枚 (2×2ビニング)
           

          計13時間5分露出

Hαがシャープに撮れているので星雲の構造が良く描出出来ました。

 4月6日は星友のひろたろうさんと房総に遠征してきました。
当日はぴんたんさん、RUKUさん、sora-canさん、まーちゃるさん、T-fixさんもいらしていて豪華メンバーでした。天候は快晴無風のシーイングも良好でしたが空がガスっていてバックグラウンド値が非常に高いまるで街中の様な空でした。故に画像処理で昨年と一昨年のものを一部使用しています。

NGC4631
5bd206ab.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、pixinsight、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 17枚に加えて2018年4月7日分17枚と2017年4月2・3日20枚を使用。 
    RGB 5min 各6枚に加えて2018年4月7日各6枚使用 (2×2ビニング)
   

           計12時間露出
 
 2018年度分はシーイング不良、2017年度分は構図が異なり画像処理苦戦しました。

 4月12日は月が沈むのが午前1時でしたが妙義山方面の天候が晴れの予報に出撃しました。ウイークエンドでもあり現地には自分も含め7組もの同好の方で賑わっていました。幸い風もなくシーイングもまずまずの好条件でした。
 まずはサブシステムのD810A・カメラレンズでの成果です。先日の都留でも撮影していました。今回の空もまずまず暗い空だと思ったのですが総じてみると前回の都留の方がかぶりが少なかったのは予想外でした。

IC4592
96fbaca2.jpg

機材その他データ
道儀EQ6 
AF-S NIKKOR70-200mm F2.8をF3.5 200mmで使用 
ガイド QHY5
カメラ D810A  5分34枚、4月2日30枚 ISO1600
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理
       撮影時間5時間20分

時間かけた割に今一つです。この青い馬星雲が意外と淡いのと12日の分がかぶりが多くて足を引っ張ったようです。またもっと暗い空で撮影し直してみたいです。
   

 4月2日は単独で都留に遠征しました。
天候は快晴で微風、シーイングもまずまずの良い状況でした。
4日は街中で取り残しのHαを撮影しました。

M101
d3bfc7b1.jpg

機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、pixinsight、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 21枚に加えて2018年3月23日分16枚と10sec20枚を使用。 
    RGB 5min 各8枚 (2×2ビニング)
    Hα 5nm 10min 27枚  

           計12時間43分20秒露出

昨年と比較して大差ない仕上がりです。進歩がないです。

 3月12日に撮影したアンタレス周辺ですがノイズがひどかったのでデザガイドして撮り直してみました。

アンタレス周辺
c2a9111b.jpg

機材その他データ
道儀EQ6 
AF-S NIKKOR70-200mm F2.8をF3.5 200mmで使用 
ガイド QHY5
カメラ D810A  5分26枚 ISO1600
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

デザガイドでノイズは綺麗になりました。


 3月26日は近場栃木市に単独で遠征してきました。
カメラレンズでデザガイドするためのシステムのテストを行い、順調にいきましたがメインシステムでの撮影は風が強いのとシーイング不良でダメで途中で撤収しました。
 31日は曇りそうで風も強いという微妙な予報で心配しましたが星友のひろたろうさんと妙義山に遠征してきました。
 実際の天候は当初こそやや風が時折強く吹いていましが、その後無風快晴でシーイングもまずまずのグッドコンディションが朝まで続いてくれました。おかげでM63の撮影を完成することが出来ました。
 平日の為か同好の方は自分たち以外一組と寂しい状況でした。

M63
Ver2
89fdb54a.jpg


機材その他データ
道儀Vixen AXD 
鏡筒 鏡筒CCA-250 エクステンダーCR1.5Xにて1880mm F7.5
ガイド starlightXpress ultrastar Maxim DL/GT-40でガイド 
カメラ QHY16200A  -30℃冷却  
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

フィルター     Astrodon tru-balanceフイルター
    
    L10min 26枚 10sec20枚 
    RGB 5min R16枚G14枚B14枚 (2×2ビニング)
    Hα 5nm 10min 9枚  

           計9時間33分20秒露出

 好条件で撮影出来ましたが画像処理でそれを生かしきれていません。

 12日に大多喜町遠征してM106銀河をメイン鏡筒で撮影している間にD810Aにカメラレンズでアンタレス周辺を撮影してみました。
 以前D800Eでも撮影してことがありますがやはり天体向けのD810Aは色味がよく出ます。ただノータッチガイドで撮影したところノイズが非常に多く出ており、色々やってみましたが除去出来ませんでした。デザガイドが必須みたいです。

アンタレス周辺
5ed5575f.jpg


機材その他データ
道儀EQ6 
AF-S NIKKOR70-200mm F2.8 200mmで使用
ガイド ノータッチガイド 
カメラ D810A  3分41枚内30枚使用 ISO1600
    Maxim DLで撮影 ステライメージ8、photoshopにて画像処理

デザガイドするための調整のため昨晩栃木市でテストしました。
残念ながらメインの対象は風と不良シーイングで没でした。

↑このページのトップヘ